幻想的なサウナが誕生!!その名も「ume,sauna」

ume,sauna サウナ施設・他関連情報
ume,sauna
スポンサーリンク

幻想的なサウナが誕生!!その名も「ume,sauna」

奈良県奥大和地方、山添村の里山のふもとにとんでもないサウナが誕生していたらしいのだ。1日3組限定のホテルについている、ume,saunaというサウナ。じわじわと評判になりつつある。

サウナー皆様、ume, saunaというとんでもないサウナが爆誕してしまいました。
薪でじんわり暖まるストーン、地元奈良のお茶で贅沢ロウリュウ、暗闇に火の灯り、山の柔らかな水風呂、奈良山村を一望する絶景外気浴(朝は雲海)、各所に大胆な意匠設計。

ume,sauna

ume,sauna

コロナ禍の前から建設はされていたらしいのだが、「ume, yamazoe」の中にある「ume, sauna」。約80%が山林で、農林業が主産業の人口約3500人の農村にひっそりと、佇むそのホテルは周りには何も、便利な施設は何もない。築100年以上の家をリノベーション工事して、ホテルに生まれ変わらせたというのだ。スマホもインターネットも・・・嫌な人間関係も忘れて、ただただ、都会に住む人が忘れかけた何かを思い出して欲しいと誕生したホテルとサウナ。

雲海に届きそうな宿に「瞑想・和サウナ」「雲海外気浴」に温かい人々

ume,sauna

ume,sauna

ume,sauna

ume,sauna

竹林に囲まれた「ume, sauna」・・・訪れただけで人を自然に返してしまう。周りにはうるさいものは何一つない。叫んでも多分誰にも怒られない。多分、叫ぶ事もままならない位その雄大な景色に飲み込まれて、ととのってしまうだろう。ホテルのumeは「うまれ、めざめる」という意を指すらしい。生まれ、目覚め、ととのい、自らを愛でる。最高じゃないか。火入れには、山添村に大量に生えてしまっている竹を活用しているとのこと。瞑想に近い感覚を体験できるよう、室内にはあえて目線の高さに窓を設けていないそうで、ロウリュに使用するのは、山添村の名産「大和茶」。外気浴は山村の景色を眺めながらの外気浴・・・フィンランドさながらな雰囲気が味わえるだろう。そして、この村の人々と持てる交流・・・それもここに訪れる一つの魅力と仕掛け人は語っているそう。是非一度はおとずれてみたいかも。

「ume,yamazoe」「ume,sauna」参考記事↓

奈良県の小さな村。この場所に「とんでもないサウナ」作ってます
奈良県奥大和地方、山添村。竹林に囲まれた自然と一体になれるサウナが「ume,sauna」だ。

「ume,yamazoe」「ume,sauna」オフィシャルサイト

plan_totonoi — ume, yamazoe
スポンサーリンク
サウナ施設・他関連情報
SAUNをフォローする
サウナ 最新情報 Saunner Life・サウナーライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました