【サウナ導入検討事業者向け】エストニア政府主催・Sauna × Business × Estoniaセミナーの開催が決定

サウナーライフ サウナ施設・他関連情報
サウナーライフ
スポンサーリンク

【サウナ導入検討事業者向け】エストニア政府主催・Sauna × Business × Estoniaセミナーの開催が決定

スポンサーリンク

ホテルや温浴施設、キャンプ場、ロッジ、Airbnb物件で進むサウナ活用のポイントを、エストニア政府担当者とtotonoüが解説

エストニアサウナの輸入・販売事業を展開するtotonoü(本社:エストニア・タリン、代表:齋藤アレックス剛太)は、エストニアの政府機関・Enterprise Estonia(エンタープライズ・エストニア)と共同で、サウナ導入を検討している事業者を対象とした「Sauna × Business × Estoniaセミナー」を開催することを発表します。

ホテルや温浴施設、ロッジ、キャンプ場、貸別荘、Airbnb、グランピング施設等を経営する事業者を対象に、近年注目を集めているエストニアサウナの魅力や市場環境、そして日本での導入・事業活用において重要なポイントを解説する予定です。

セミナーは12月5日(日)18時半開始。オンラインもしくは会場(東京・下北沢)から、無料でご参加いただけます。

■イベント概要

昨今のサウナブームの勢いをとどまることを知らず、全国に新しいサウナが次々と誕生しています。今や、サウナを目的にホテルや温浴施設、ロッジ、キャンプ場、貸別荘を訪れる人も少なくありません。

しかし、単にサウナを導入するといっても、コストの計算、各種申請、安全対策、運用など、非常に多くの課題があります。また、適切なサウナ製品やストーブを選ぶことで、競合事業者との差別化や、より一層の安全対策にも繋がります。
 

日本でも人気のバレルサウナ

日本でも人気のバレルサウナ

本イベントは、エストニアサウナを活用した事業を支援するべく、エストニアの政府機関・Enterprise Estonia(エンタープライズ・エストニア)と、エストニアサウナの輸入・販売事業を展開するtotonoüが共催するイベントです。

ホテルや温浴施設、ロッジ、キャンプ場、貸別荘、グランピング施設等を経営する事業者を対象に、近年注目を集めているエストニアサウナの魅力や市場環境、そして日本における導入においてのポイントなどを解説します。

■イベント内容

イベントの冒頭では、観光分野を担当する専門メンバーが、エストニアに実在する温浴施設やホテルなどの環境も紹介します。また、木材産業の分野におけるエストニアのビジネス環境についてプレゼンテーションを行い、様々なサウナ製品が生まれる背景を解説します。

エストニアの森

エストニアの森

続いて、エストニアから日本へサウナを輸出しているtotonoüの代表取締役・齋藤アレックス剛太が、「エストニアサウナの魅力」をテーマに、日本や他の北欧地域と比較したエストニアサウナの特徴をご紹介します。

最後に、今年バレルサウナを導入した紀伊乃国屋本館「はなれ 橘」のプロデューサー外川希氏と、totonoüの事業者部門の責任者である小林秀が登壇し、「日本におけるサウナ導入のハードルと、その乗り越え方」をテーマに、実際の導入案件に触れながら、パネルディスカッションを行います。

紀伊乃国屋本館「はなれ 橘」

紀伊乃国屋本館「はなれ 橘」

パネルディスカッションにおいては、場所に合わせた製品の選定や、ケアするべき各種法令、サウナ導入までの流れ、実際にかかる導入コストや運用コスト、そして実際にサウナを導入した効果などを語る予定です。

■イベント詳細

【サウナ導入検討事業者向け】エストニア政府主催・Sauna × Business × Estonia セミナー
主催:Enterprise Estonia 共催:totonoü
https://peatix.com/event/3090945/view

■日時
12月5日(日) 開場18:00 開演18:30 閉場22:00

■テーマ一例

・エストニアの最新サウナ事情
・エストニアの木材産業の動向
・エストニアサウナ製品の強みと弱み
・日本におけるサウナ導入の課題
・サウナ導入時にクリアすべき法規制とその乗り越え方
・サウナ導入にかかる費用と、ランニングコスト
・予約3ヶ月待ち、サウナを導入した旅館のいま
※イベントは日本語で進行します

■対象者

・サウナをビジネスに活用したいと考えている企業の方
・宿泊施設 / 温浴施設運営事業者
・貸別荘やAirbnb物件のオーナー
・不動産デベロッパー

■タイムテーブル

18:00 開場
18:30 エストニアの観光 世界遺産やサウナ文化の紹介(Enterprise Estonia)
18:45 エストニアの木材産業 なぜ様々なサウナ製品が生まれるのか、その背景と強み(Enterprise Estonia)
19:00 エストニアサウナの特徴(totonoü)
19:30 パネルディスカッション 「日本におけるサウナ導入のハードルと、その乗り越え方」
20:30 オンラインイベント終演 / 会場では質疑応答セッション・交流会
22:00 オフラインイベント終了

■参加方法
以下のリンクよりお申し込みください

https://peatix.com/event/3090945/view

■料金:無料 
会場では、エストニアの軽食やドリンクをご用意しております

■オフライン(会場)参加
・15事業者様限定(※各事業者様1名の参加とさせていただきます)
・お申し込み受付後、法人の事業者様であることを事務局で確認した上で、会場等の案内をお送りさせていただきます

  • 対面イベント参加者様に限定して、イベント終了後に質疑応答セッションを開催します。オンラインでは話せないようなより深い内容にご感心がある方や、実際の個別案件のご相談をご希望される方などは、ぜひ対面イベントにご参加ください

■オンライン参加
・Zoomのウェビナー機能を用いたオンライン参加もご用意しております
・お申し込み受付後、法人の事業者様であることを事務局で確認した上で、案内リンクをお送りさせていただきます

■スピーカー

Ms. Agnia Nast,
Visit Estonia

Mr. Tsubasa Yoshito
Enterprise Estonia Asia Trade Agency

Mr. Kota Alex Saito
totonoü共同創業者
エストニア在住。2016年に慶應義塾大学卒業後、世界一周に挑戦。これまでに42カ国を訪れる。
2018年5月よりエストニアへ。現地スタートアップでの経験を経て、totonoüを創業。本場のサウナシーンを肌で感じながら、サウナ工場に足を運び、製品の選定や現地企業の交渉を行っている。好きなサウナは、エストニア・タリン郊外で借りれるプライベートサウナ・湖付き。

Mr. Shu Kobayashi
totonoü共同創業者・事業用サウナ部門責任者
ホテルや温浴施設など、数々の事業用サウナの導入プロジェクトに参画し、各種行政機関との調整から、施工・メンテナンス、各種補助金の活用アドバイザリーに至るまで、各種サウナ事業の後押しをしている。

Mr. Nozomu Togawa
紀伊乃国屋本館「はなれ 橘」プロデューサー/ 株式会社〆(シメ)創業者
クリエイティブコンサルティングを手がける株式会社〆(シメ)の共同代表を務める傍ら、紀伊乃国屋本館「はなれ 橘」のサウナプロデュースやデザインを担当。日本の文化とエストニアのサウナを融合させたジャパニーズ・バレルサウナは、テレビや各種メディアから注目を集めている。

■totonoüについて
https://totonou.co/
totonoüは、“サウナと共にある暮らし”で、心とビジネスが“ととのう”を目指すフルリモート企業です。北欧・エストニアに拠点を構えながら「ととのえる」を専門とするメンバーたちが世界各国からフルリモートで勤務しています。個人用途・事業用途の両面で、北欧サウナの輸入・販売を行っています。

ソース元URLは↓
スポンサーリンク
サウナ施設・他関連情報
SAUNをフォローする
サウナ 最新情報 Saunner Life・サウナーライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました